中国本土初のディズニーランドが6月にオープン

今年の6月中旬ごろ、中国本土初のディズニーランドがオープンすることを13日、アメリカのウォルト。ディズニー社などが発表しました。
中国の上海市郊外にある浦東国際空港に近い場所にできるそうで、2011年から建設が始まっていたらしいですね。初耳でした。

テーマごとに6つのエリアからなるディズニーランドとホテルのほかに、商業施設もできるそうですよ。日本のディズニーリゾートにあるイクスピアリのような感じなんでしょうか。

ディズニーランドは現在アメリカ、日本、フランス、香港にあり、今年6月にオープンする上海ディズニーランドで6つ目だそうです。
ヨーロッパにはフランスにしかないというのが少し意外ですね。アジアに3つ目ができるということで、それもまた意外です。

日本のディズニーリゾートといえば、最近では外国人観光客がかなり目につきますよね。さまざまな国の観光客に人気なわけですが、圧倒的に多いのがアジア系の方。特に中国や韓国の方が多いように思います。

6月に上海ディズニーランドがオープンしたら、日本のディズニーリゾートのお客さんもそちらに多少は流れるんでしょうか。
日本のディズニーリゾート側としては懸念すべき問題かもしれませんが、遊びに行く私たちの本音としては・・・すいていたほうがうれしいですよね!
おそらくずっとすいているということはないでしょうが、しばらくの間は中国からの観光客の方が減って多少すくのでは?などと勝手な予想をしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。