東京都心で初雪を観測

1月12日の午前3時55分ごろから、東京都心で初雪を観測したそうです。
平年よりも9日、去年に比べると29日も遅い初雪だそう。
横浜でも去年より18日遅い初雪が観測されました。

今シーズン、本当に暖かい日が続いていましたよね。正直ちょっと不気味なくらいです。例年ならば今が一番寒い時期といっても過言ではないのですが、晴れている日には気温が17度くらいまで上がる日もありましたし、昼間は上着がいらないくらいの暖かさが続いていました。
寒いのが大の苦手ですので、個人的にはかなりうれしいのですが。

初雪の便りが届き、ようやく、冬の寒さが到来したという感じですね。
気温が下がったうえに湿った空気が流れ込んだために、初雪観測となったようです。もうすでに雪は降っていませんが、東京の最高気温は7度くらいまでしか上がらず、今シーズン一番の冷え込みになる模様。
今日は暖かくして過ごしたいものです。

今年はやはり、暖冬になるとの予報が出ていたようです。これだけ暖かいわけですから当然かもしれません。
暖冬の原因としてエルニーニョ現象が知られていますが、今年は「スーパーエルニーニョ」といってもいいほどなのだそう。

しかし暖冬だからと言って安心ばかりもしていられないようです。
ダイポールモードとエルニーニョが同時に発達すると典型的な冬型の西高東低の気圧配置が安定しにくくなるのだそうで、冬の終わりに東海から東北の太平洋側でドカ雪が降るということもあるらしいです。
関東でのドカ雪は、記憶に新しいですよね・・・。ガレージが雪の重みで壊れるなどのケースが多発し、大騒ぎでした。
暖冬なのにドカ雪が降るのは、正直勘弁してほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。