関東甲信越地方で大雪

関東甲信越地方では18日の未明から雪が降り始め、東京の都心部では6㎝ほどの積雪を記録しました。
東京の都心部の雪は徐々にみぞれに変わっていますが、関東甲信越地方では18日の昼頃まで雪が降る見込み。大雪に警戒するように呼び掛けています。

東京都心では、雪のピークは過ぎたといえるでしょう。しかし19日6時までの間に、栃木県北部の山地の多いところでは40㎝くらいの積雪がある見込みだそうですので、まだまだ十分注意が必要といえるでしょう。

この雪の影響で、交通事故やけが人などが相次いでいるようです。また、鉄道各社では運転見合わせの区間やダイヤの乱れなどもあり、通勤通学への影響も出ています。

今年は暖冬ですが、やはり雪が降りましたね。
暖冬になると西高東低の冬型の気圧配置になりにくく、南岸低気圧が発生しやすくなるそうです。この南岸低気圧は日本の太平洋側に大雨や大雪を降らせるのだとか。それでよく「暖冬だとドカ雪が降る」と言われているわけなんですね。
数年前に関東などで記録的な大雪がありましたが、あれもこの南岸低気圧によるものなんだそう。
ということは、今年もまだまだ大雪が降るのでしょうか。

それにしても、東京で雪が降った時の朝のニュースはすごいですよね。
始めから終わりまで、ほぼ大雪の話一色です。東京都内の様子などがテレビに映りますが、ほとんど雪なんて無いんですよね。この程度の雪で騒ぐなんて・・・と、雪が多い地方の方たちはあきれているだろうなといつも思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。